角田分団の紹介


簡単な宮城県の地図角田分団は宮城県角田市に1989年宮城県で初めて結成され、現在でも宮城県で唯一の分団です。現在、柄目分団長のもと8名のリーダー、4名のサブリーダーと9名の団員で活動しています。

角田市には宇宙開発事業団の研究施設や航空宇宙研究所の施設があります。また、市の中心部にある台山公園には本物のH−Uロケットと同じ大きさの模型と宇宙に関するものを多数展示しているコスモハウスがあります。コスモハウスでは宇宙食の販売も行っており、団員たちに人気の場所です。

角田分団では、毎年この台山公園をメイン会場に行われる『宇宙っこ祭り』に参加しています。そこで宇宙に関する様々なイベントをみんなで行い、毎年来て頂いている人たちから好評を得ています。

主に、地元角田市に密着した活動を行っておりますが、ときには遠くの分団と交流会を行ったり、遠くの宇宙関連施設の見学に行ったりと、幅広い活動をしています。

 さらに詳しい情報や分団に入団したい人などがいらっしゃいましたら、分団事務局、または
宇宙少年団本部まで。 

もちろん、メールで管理人宛に送って頂いても構いません。疑問点などもあれば、管理人の分かる
範囲でお答えさせていただきます。
現在、管理人の元に入団案内のパンフレットがございますので、ご入り用の方はその旨も御記載下さい。


戻る