11月の雑記帳
11月30日(水)晴れ

  玄関の靴箱の上の招き猫いよいよ12月議会が始まりました。提案された議案のうち、人事院勧告に伴う議案と工事請負契約1件が審議されました。質疑は共産党の眞鍋・池光・私の3人のみ、給料の引き下げ議案に反対しました。私は質疑で来年度から導入される勤務実績を反映した昇給制度について「人事院勧告で出されている勤務実績で5段階に査定するような昇給をすべきでない。そんなことをすれば住民サービスの低下につながりかねない」と問題点を指摘しました。

 一般質問通告者は26人、9月議会より3人増えました。旧吉野地区で8人、後の旧3町は6人ずつです。一般質問の項目は掲示板に書き込みましたのでご覧下さい。私の質問は2番目ですので6日(火)の昼前か午後一時からの予定です。是非傍聴にお越し下さい。

 夜は吉野地区の市政懇談会に眞鍋議員と参加、11人の議員と市民参加は23人でした。地籍調査・道路の改修・一廃焼却場などの環境問題・周辺対策の現状などの要望・提案が寄せられました。

 市政懇談会は今日で終りましたが、全ての懇談会に出席して大いに勉強になりました。議員も延べ39人参加で私以外にも全てに参加した議員も3人いらっしゃいました。理事者の皆さんお疲れ様でした。市民の皆さんのご要望を出来ることから実現して欲しいと思います。

11月29日(火)晴れ

 午前中は集金だけの読者を回りました。2回目に行っても数人が不在、時間帯を変えないとなかなか逢えませんね。回っている途中で神戸から帰っている友に逢えてお互い再会を喜びあいました。体の調子が悪いと聞いていたのに、病院を変えて薬があったとのことで元気そうになっていたので一安心です。

 昼からは組合議会の百条委の傍聴、阿波市議4人・2マスコミ・そのほかに8人ぐらいの傍聴者がありました。発注仕様書で電気代がいらないとなっているをいるように変更する協議をした会議録の提出がありましたが、当初から電力がまかなえないことが前提の協議がされています。発注仕様書では電力はまかなえるとなっているのに、協議に参加していた所長を初め組合関係者はおかしいとの問題意識もなかったようです。

 発注仕様書と違う設計がされるときにどうするかを決めている条例に基づく協議をした資料もなく、事務局サイドのみで変更していたことが明らかになりました。

 7月の組合議会で贈賄側の業者の許可を見なおすべきと問題になっている業者と9月12日に「スラグ運搬業務委託契約」を結んでいるのはおかしい。なぜ指名業者に入れたのかと大議論になりました。また、組合が出した「不許可」はおかしいと訴えられた裁判で組合から提出されている「一般廃棄物収集運搬許可基準」について、この許可基準を現在も使っているかについても審議しました。

 次回13日の百条委には贈賄側の佐藤2名を証人喚問、コンサルの「日本環境工学設計事務所」の関係者を参考人で呼ぶことに決定、小笠原管理者からも事情を聞く必要があるとして百条委に参加を求めることになりました。16時過ぎに終了しました。

 夜は土成地区の市政懇談会に参加、今日は11人の議員と30人余りの市民参加で活発な懇談会になりました。明日は吉野地区の懇談会、何人参加でどんな意見・要望が出されるか楽しみです。また、12月議会も明日開会され、12月22日までの長丁場が始まります。

11月28日(月)晴れ

 30日の開会日に審議する議案についての質疑通告を提出するため市役所に出かけました。決算認定するための参考資料が全く提出されていないので、昨年まで吉野町議会に提出していた資料請求を財政課にしました。合併したために今までのシステムがなくなり出せない資料もあるようです。それにしても、合併する前の旧町の決算認定だからといって、チェックを十分しなくてよいわけがありません。議会の最大の仕事は税金が住民のためにキチット使われているかをチェックすることだと思うのですが・・。

  クリスマスツリーのイルミネーション今晩も市政懇談会に市場地区の会場に参加しました。議員は9人参加していましたが、市民の参加は理事者の数より少なく13人でした。市長さんの地元なので参加者が多いのではと思ったのですが、意外と少なかったですね。参加者からは公共下水道・CATVなどについての意見が出ていましたが、阿波地区より発言者が少なく終ったのは8時40分でした。

 帰りに、先日徳島新聞に紹介されていたクリスマスツリーのイルミネーションをデジカメに撮ってきました。制作者は市場町商工会青年部だそうです。孫の健人に見せたらきっと大喜びするなと思いながら暫く見入っていました。

 一般質問通告者は今日の午前中までで9人。明後日の開会日までに何人になるか楽しみですが、9月議会の23人より少ないのでしょうか。それとも多いのでしょうか。

 明日の13時半から組合議会の第5回百条委が開かれますので、議会前ですが傍聴に参加する予定です。

11月27日(日)曇り時々雨

  軒下に干した柿午前中は我が家で吉野の会議、今日は日本共産党第24回大会決議案を読み合わせました。決議案の第一章の(4)の後半に「構造改革の考え方に共通するのは、国民の中に対立をつくり分断をはかることである。・・・いま小さな政府のかけ声で進められている公務員攻撃の狙いは、住民サービスの切捨てとともに民間労働者との賃下げ競争を加速させること」と書かれています。

 今回議案に人事院勧告による条例の改正が出されていますが、民間企業との格差をなくすためと来年度からの給与4.8%引き下げと勤務成績で5段階の昇給格差をする制度が盛り込まれています。本来公務員は市民の奉仕者でなければなりません。その観点からすれば今回の差別的措置は必要ないのではありませんか。市民のほうを向くより上司ばかり気にする公務員では住民サービスの引き下げが懸念されます。。

  美味しい干柿になるのを期待昼からは柿の皮を剥いて干柿作り、昨年より多くの柿をつるしましたので正月が楽しみです。美味しそうでしょう。沢山ありましたので午前中参加のMさんOさんにも柿を持って帰ってもらいました。

11月26日(土)晴れ

 庭先の花 いいお天気が続いています。ゆっくり起き出して朝食を終えて新聞配達に出かけたのが9時半を過ぎていました。月末は集金もしなければなりませんので時間がかかってしまうのに大変です。

 何箇所かでお茶を出してもらって話し込んでしまいました。集金のときに話が出来るのを待ってくれている人もあり、いつも励まされます。それにしても今日も支持者の皆さんの熱い思いに接して・・ありがたい限りです。

 昼からは里に干柿用の柿を取りに夫と行きました。弟も一緒に取り掛かりましたが今年は豊作、枝もたわわになっている柿は本当に美味しそう。剥くのは私の仕事、暫くは柿を剥くのに時間を取られそうですが。美味しく出来上がった時のことを思いながら柿剥きにがんばりましょう。

11月25日(金)晴れ

 14時40分から「阿北火葬場管理組合」第2回臨時会から開会されるので吉野川市役所に出かけました。前回と同じく4つの一部事務組合 議会が時間をずらして開会されました。先の議会がずれ込んで半時間遅れで始まった臨時会。16年度の決算認定がありましたが、予算書を見たことがないのに決算認定するのは出来ない。予算書などの資料を提供すべきと要望してから質疑をしました。職員給与の条例改正は人事院勧告によるものですが、先の議会で説明しているので省略との議事の進め方にあきれてしまいました。

 火葬場管理組合は阿波市の市場・阿波地区のみで土成・吉野地区は組合外になって使用料の個人負担に差が出ます。このことについて7月の第1回組合議会で取り上げた折、小笠原市長は「阿波市民が同じサービスを受けるべきと思っている。吉野・土成地区も組合に入れないか事務方で検討できしだい臨時議会を開催する」と答えていました。それが今日の議会でそのことについて報告が全くありません。

 そのことについて質問すると、「難しい問題が沢山あって吉野・土成をすぐにどうするなんて出来ん。他に問題が沢山あってなんら検討できていない」とのこと。火葬場建設の時に周辺対策として周辺住民とどんな約束があるのか誰も説明できないんです。「アナタが事務所に行って調べてきてください」との議長発言にあきれるばかり。一部事務組合議会の運営全般の改善が求められているのではないでしょうか。

 市政懇談会で挨拶する市長 阿波地区の市政懇談会に参加しました。午後6時半に始まった懇談会は終ったのは9時20分で、市民の意見や質問が続出して活発な懇談会になりました。市長・助役・収入役・教育長・各部長・次長・課長ら19人と担当課員、議員も8人参加で市民が30人ぐらい参加です。道路改修・農業政策・食生活改善運動・CATVなどの切実な市民の声を聞くことが出来ておおいに勉強になりました。初めての懇談会でしたが継続して開いて欲しいとの要望も出されていました。

11月24日(木)晴れ

 今日は友から依頼されて緊急の仕事を手伝うことになり、帰ってきたら疲れてしまいました。

 朝一番に一般質問通告書をファックスしましたが、私の前に出した人が1人いて2番目とのことでした。6日は十時半から開会、追加議案の提案がありその後に一般質問が始まりますので私の一般質問は午後からになりそうです。

 「マサ子通信」の印刷が出来上がってきました。今回は12月議会日程・組合議会百条委の証人喚問・庁舎建設特別委員会が秘密会・キャラバン来庁・みんなの声でまとめました。日曜版にセットして「マサ子通信」の更新はいつものように土曜日の予定です。

 明日から市政懇談会が旧町ごとに開催されます。市民との対話集会の開催を市長に提案した手前、全ての懇談会に参加して市民の皆さんお声をお聞きしたいと思っています。

 昨日阿波市のHPを開いて「議会情報」をクリックすると「定例会日程」が作成され、そこをクリックすると12月議会の日程が出てくるのを発見しました。先日の広報委員会で「阿波市HPの議会情報をもっと活用してはどうか」と提案していたのです。17日の議会運営委員会で広報委員を兼ねている議運委員さんが、阿波市HPの「議会情報」に議会日程を入れるように理事者に要望していたのが実現。是非一度阿波市HPを訪問してみて下さい。(私のリンク先に阿波市を登録しています)

11月23日(水)晴れ

  講師の杉井静子さんの話しを聞く参加者眞鍋さん宅に生協の品物をとりに行った後、はたらくの女性の県集会参加のため徳島市のふれあい健康館に出かけました。館内で昼食をとりましたが、いい音楽がかかっていてゆっくりと味わいました。その後読書コーナーで雑誌を見せてもらいましたが、沢山の人が読書を楽しんでいていい雰囲気。最近はこの会場を使っての会が多くなりましたが、駐車料金が安いので助かります。

 会場には久しぶりにお会いする人も沢山いましたが、実行委員長をOさんがしているのは知りませんでした。若者の参加が意外と多く、最後の訴えも新鮮さを感じました。達田県議に久しぶりにお逢いしましたが、阿南市議選の疲れも感じず元気そうで何よりでした。娘さんがお子さんを連れてきていたので暫く抱っこしていたら、水戸の結花を思い出して早く逢いたいと思ってしまいました。

 帰って来る途中で「マサ子通信」の原稿を作成することを忘れていたのを思い出しショック、先ほどまでかかってやっとしあげてパソコンに向かっています。内容を考える時に雑記帳は大変役に立っています。今日も2週間分印刷して内容をまとめました。

11月22日(火)晴れ

  庭先の花総務企画常任委員会が10時からありましたので傍聴、今日の傍聴は議員では私一人でした。「阿波市公共ネットワーク整備工事請負契約の締結」と 「職員の給与に関する条例の一部改正」について説明があり、請負契約についての質疑が沢山出されました。御所小学校の入札疑惑の件で、入札については関心が高くなっている反映でしょうか。入札結果表も事前に送られていましたが、17社指名で2社辞退。後の15社のうち13社が最低制限価格の2億3085万円で入札、抽選で落札業者が決まっています。

 その後、先日の継続で議員の倫理条例について協議され、追加で議員提案されるようです。議員の倫理条例については、県議会で共産党が提案していましたので私も大いに関心があります。前にも書きましたが、私も阿波市議会で制定されることを期待している一人です。

 12月議会の議案書が届きましたので眞鍋議員・池光議員と団会議を開き、あれこれ相談しました。予定している一般質問項目も出し合い、ダブらないように調整しました。その後開会日に審議予定の5議案について検討、任務分担して臨むことになりました。今回は16年度決算認定で議案書も相当の分量があり、出身町の決算だけはきちっとチェックしなければなりませんので大変です。

 吉野川市の高木議員のHPを見たら、吉野川市議5人で諫早へJFEの焼却炉を視察に行った事が報告されています。「税金ですから一円でも安く出来るように考え抜いています」と諫早市から派遣されている職員の言葉が紹介されていましたが、うちとえらい違いだと思ってしまいました。

 一般質問の項目を必死で考えている最中ですが、仕上げは明日になりそうです。

11月21日(月)晴れ

  庭先のパンジー午前中は一般質問準備のため議会事務局で9月議会の議事録コピーを入手。その後4人の課長に調査資料を依頼したり、9月議会で質問した項目の進捗状況を尋ねたりしていたら12時を過ぎてしまいました。

 夜は阿波市合併記念コンサートが土成農業者トレーニングセンターでありましたので出かけました。6時開場の広い会場にはすでに多数の方が来ていましたが、寒いと思っていた会場も数箇所にストーブが用意されていて助かりました。

 東京交響楽団の演奏で合唱する市民の皆さん 東京交響楽団の今回の公演では中型編成によるオーケストラで阿波市の合唱団との共演を楽しみにしていたそうです。ヘンデル・モーツアルトの曲に酔いしれ、土成中学校合唱団・コールブルーメ阿波の皆さんとの合唱曲もよかったですね。久しぶりに生演奏を聞きましたが、阿波市でこんないい音楽会が開催されるのも合併記念として補助金があるでしょうし、宝くじの助成もあるようです。参加費が1,000円と安価だったことも多数の参加につながったと思います。

 寒さの中多数の方が会場外で車の整理や会場案内に立って下さっていました。関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

11月20日(日)晴れ

  美しいコーラスを聴かせてくれました第1回阿波市社会福祉大会が阿波中学校体育館で開かれ来賓で列席しました。開会前に地元のコーラスの合唱、おそろいのドレスは華やかで美しい歌声で楽しませてもらいました。

 旧4町が一緒になっての初めての阿波市福祉大会、13組のダイヤモンド婚と84組の金婚該当者の名簿がパンフレットに書かれていましたが、知っている名前が余りありませんでした。

 江戸家小猫さんが「芸も健康 人も健康」との演題で記念講演、物まねを交えての楽しいトークで一時間半の間に何回も大声で笑ってしまいました。10種類の鳥の鳴き声を教えてもらったのですが・・・。 被表彰者代表で謝辞を言う篠原菊男氏

 夜は子ども達で里の父の誕生祝を料理屋でしました。9日で84歳を迎えた父は「健康診断でも悪いところはないと言われたが、足が少し弱ってきた。足を鍛えたい」とのこと。 今年も父とツーショット子ども達が近くでいるので「父の日」と「誕生会」を子ども全員でお祝いすることが出来ます。コレが一番の親孝行だと思っています。来年も皆で誕生祝が出来ることを祈って今年も父とツーショット。

11月19日(土)晴れ

 朝晩が冷え込んで冬が近くまで忍び寄ってきていることを感じる2・3日、家の軒下に剥いたばかりの干柿が目立ち始めました。

 土曜日は日曜版配達で午前中がいつものように過ぎてしまいました。昼からは一般質問の準備で資料を引っ張り出し、机の上から周囲は資料で一杯です。9月議会は項目が多くて時間が足りませんでしたので、今回は項目を絞ってじっくり質問するのもいいかななどと思っています。答弁含めての一時間の質問時間は、時間配分にいつも苦労してしまいます。

 夕方に夫とマルナカまで歩いて買い物に行きましたが、少し寒いと思っていたのに店に着いたら暑くて上着を脱いでいました。帰るときには暗くなった空に一番星が美しかったです。日の暮れるのが早くなっていることを改めて感じた今日の散歩でした。

11月18日(金)晴れ

 夫の勤務先に忘れ物を届けたついでに、気分転換に北島シネマサンシャインで「私の頭の中の消しゴム」を見てきました。27歳でアルツハイマーになって記憶を失っていく主人公と周囲の人々の話、話題作で評判どおりよかったです。その中で「人を許すということは、自分の心の窓を1つ開くこと」との言葉が印象に残りました。良いと言われている映画はやっぱり心に残る何かがありますね。

 昨日の議会運営委員会では12月議会の日程が決定、30日開会で12月22日閉会の長丁場です。詳しい日程は掲示板に書き込みましたのでご覧下さい。16年度の決算認定は、旧町ごとに決算特別委員を選出して出身町の決算を審議し日程は2日ぐらい必要だとのことになりましたが、日程は事務局で後日決定とのこと。「指定管理者制度」整備のための条例や「個人情報保護条例」も提案されるようです。

 昨日組合議会を傍聴していた市民から電話があり、「LNガス代・電気代など税金の使い方をキチットしてい欲しい」と要望されました。試運転中のLNガス代は受注者であるJFEが支払うもの、返還請求すべきと思っている市民は多数いると思われます。「12月議会での質問ではっきりさせたいと思います」と応えました。

11月17日(木)晴れ

  らんの花びら今日は傍聴に明け暮れた一日で疲れました。

 9時半からは組合議会百条委でJFE職員3人の証人喚問があり、4マスコミを含め23人ほどの傍聴者。その中には阿波市議も6名いました。最初に弁護士の同席を認めない決定に対し弁護士から異議があり、関係者で協議の結果後ろの離れた席で座っての同席を認めることになりました。

 契約の中の電力について・保証期間中の点検費用・運転委託・北村電気との関係などについて質問。「発注仕様書内容の変更は月1・2回の会議で組合の許可を得ている」との答弁で、その議事録・変更協定書があれば資料提出をJFEと組合事務局に求めることになりました。契約以前から必要電力がまかなえないことは分かっていたことも判明。また、問題になっている試運転時のLNガス代について、JFE側から組合に支払ってほしいと言ったことはないと2人の証人が証言。「支払うようになったからと組合から言われ、そうですかと返答した」などの証言を聞いていると、組合が払わなかったらJFEが払っていたのではないかと思いました。3人の証人喚問が終ったのは13時20分でした。

 急いで食事を済ませ阿波市議会の庁舎建設特別委員会の傍聴に行ったら、秘密会になったので傍聴は出来ないとのことでビックリです。委員会開会時に委員長より「今日の庁舎の位置選定の協議事項の件は他に及ぼす影響も多々あると思われるので秘密会にしたいとの発議があり、起立採決の結果賛成多数で秘密会に決まって委員以外の議員も出されたとのこと。

 「秘密会は乱用されないために厳格な手続きを規定していますが、一旦委員会で秘密会と議決すれば委員以外の議員は退場しなければならない」と書かれたコピーを議会事務局から見せられました。旧吉野町議会では1998年3月議会の委員会で秘密会にした折の県町村長会の成瀬事務局長は「たとえ秘密会といえども議員は傍聴できる。退席する必要はない」との見解を出しています。7年前から解釈が変わったのか、いろんな解釈があるのか分かりませんが、阿波市会議規則105条では委員長が議員は退席しなくてもいいと言えば議員を追い出す事態は起こらなかったのです。

 そんな議論は横において、市民の関心が高い市役所の場所を審議する委員会をなぜ秘密会にしないといけないのでしょうか。公開の場で堂々と議論を展開すればいいと思います。秘密会にしなければならない理由を市民に説明できますか。利権が絡んでいるのではないかとの疑念を抱かれるのではないでしょうか。阿波市議会は早々に委員会公開を決め開かれた議会を目指していたのに、今回の「秘密会」の決定は非常に残念でなりません。次回からは公開にして堂々と審議すべきではないでしょうか。

 長い報告になりましたので、15時から開かれた議会運営委員会の報告は明日にします。

11月16日(水)曇りのち雨

 朝9時半に議会事務局からの電話で、「議会だよりのゲラ刷りが上がり、急遽広報委員会を今日の15時に開催するのでご参加を」とのことで参加しました。急な集まりにも関わらず欠席は一名のみ、ゲラ刷りを校正したり内容を再検討したりと活発な議論で一時間半。2ページの紙面がほとんど委員長報告で占められてはどうしようもありません。「一般質問の項目だけでなく答弁もいれんと」「2ページを増やしてもらわなあかんわ」などの意見が今日も出されましたが・・。

  パソコン教室の風景急いで夕食を作り昨晩に引き続きパソコン教室へ参加。今日ははがきにデジカメで写した写真やクリップアートの挿入の仕方を教えてもらいました。

 私も必死に写真入りはがきを作成 知らないことを教えてもらって、完成できた時は心が躍りますね。パソコン教室に何回も参加している人もいますが、その人から「3時間が大変のようですが、シルバー対象の教室では4時間しましたよ」と言われてしまいました。

 明日は午前中が組合議会の傍聴、昼からは「庁舎特別委員会」と「議会運営委員会」の傍聴に行く予定です。

11月15日(火)晴れ

  鮮やかなイチョウの黄色阿波市生涯学習講座「パソコン教室」を受講してきました。今回は「デジカメを使ってはがき作成」するコース、今日と明日の2日間PM7時から10時までの3時間づつでちょっと疲れました。今日はワードの説明が主でしたが、忘れていた機能を思い出すいい機会になり明日が楽しみです。阿波市教育委員会主催ですので、参加者も吉野地区だけでなく土成・市場地区からの参加もあり、新たな人との出会いが出来て楽しかったです。

 午前中は阿波市・板野郡議員団の学習会でしたが、参加者が少なかったので喫茶店で茶話会になりました。コーヒーとケーキを前にするといつもと違った話題に花が咲きましたが、議員活動の苦労話がそれぞれに出されて大いに参考になりました。こんな機会も時には必要ですね。

 12月議会が近づいてきました。17日には議会運営委員会が開かれる予定ですが、そろそろ一般質問の項目を考えなければと資料の整理を始めました。

11月14日(月)晴れ

 キャラバンご一行に挨拶する阿波市助役 9時半から谷婦人会の役員会を開き、今年の「クリスマス会・望年会」の日程と場所を決めた後案内状を作って役員さんに配布を頼みました。一人でも多く参加してくれることを期待したいです。

 昼からは「05年秋・県民要求キャラバン実行委員会」ご一行が阿波市に要請に来庁しましたので、共産党の眞鍋議員・池光議員と私の3人も同席。要請団は19人の多数の参加、野崎助役・総務部長・福祉部長・介護保険課長・教育次長・副議長・議会事務局員が対応しました。

 今年の要請項目は、介護保険・医療制度・国民健康保険・アスベスト対策。議会には乳幼児医療費助成の拡充・介護保険サービスデイケアの利用者の食費助成制度化・患者国民負担増の医療改革の中止・建退共済制度及び耐震対策の陳情をされました。「介護保険制度の見直しについてのアンケート」についても詳しく説明され、来年度の阿波市の介護保険料も全国並みの1000円程度値上げの見通しとのこと。

 毎年キャラバン実行委員会の自治体訪問に同席していますが、参加者の切実な要望に何とか議会としても応えなければとの思いで一杯です。

 衆議院選挙の直後に「自民党の議席が増え過ぎたのに腹が立つ」と電話をもらったYさん宅に12日の土曜日にお寄りしました。ちょうどお留守で奥さんと話して帰りましたが、今晩電話を頂き日曜版の購読もしてくれることになりよかったです。

 「マサ子通信」251(11月11日号)更新できていますのでご覧下さい。

11月13日(日)曇り

 午前中は我が家で吉野地区の会議、前回に続いて4中総のビデオの続きを見ました。前回参加出来なかった3人も一緒に見たので、前回の部分は新聞を読んでおくことになりました。今日は合併記念行事の1つとして阿波中学校でNHKのどじまんがあリます。少し早めに終りにしてテレビを見たいとの希望があって、いつもより30分早く終わりました。

  沢山の参加者があった生涯学習講演会15時より土成歴史館で「生涯学習講演会」があり、落合恵子さんの「自分を生きる いきいきと今」を友人3人で聞きに行きました。20年余り前に落合さんの話は聞いたことがありますが、今日の話は私の胸に響いてくるいいお話で感激しました。

 82歳の認知症のお母さんを自宅で看ながら作家活動を続けている落合さん、「人権とは誰かの足を踏まないこと。誰にも足を踏まれないこと」「すでに障害を持っている人と、今はまだ障害を持っていない人」「耐えるだけ・従順なだけ・受身だけの女性ではなく、おかしいことにはおかしいと言える私になります」などの言葉、オーストラリアの歌にこめられた女性の願いを紹介された落合さんの話に何回もうなづくて聞き入ってしまいました。

 講師の落合さんとツーショット 講演会が終了した後、感激の余り控え室にお邪魔してしまいました。落合さんも会場で必死に聞いていた私の姿が印象的だったとのこと、名刺の交換をして記念にデジカメでツーショットを撮らしてもらいました。阿波市議会で唯一の女性議員だと言いましたら「頑張ってください」とのこと、「お互い頑張りましょう」と応えました。飛行機の時間がないと早々に帰られましたが、もっと話が出来たらよかったです。

11月12日(土)晴れ

 朝方の雨は7時ごろには止んでいました。土曜日は日曜版配達なので雨が降ったら大変、お天気が本当にありがたいのです。

 共産党海南町会議員の畠中勉さんが脳幹こうそくで急逝されたとのことでビックリです。私と同い年の57歳では若すぎます。心残りなことも沢山あったんではないかと思いますが、心からご冥福をお祈りいたします。

  お気に入りの一輪ざし昨晩待っていた電話が今晩健人からあり、服も気に入ってくれたようです。水戸で今日ごみ問題の集会があり、講師は旧吉野町にも来てもらった岩佐恵美さん、娘(加那)が司会をしたとのこと。徳島のことも話されたようですが、質問が沢山出て時間が足らないぐらいで個人的な話をする間がなかったそうです。娘(奈津)からはメールが昼過ぎにあり喜んでいました。

 先日倉敷で購入してきた一輪ざし、庭先の花をいけて食卓において毎日楽しんでいます。

11月11日(金)晴れ

 午前中は地元に「マサ子通信」の配布をした後、日曜版を10部ほど配達しました。その中で「マサ子通信」をいつも渡している一人が日曜版を12月から購読してくれることになりました。

 昼からは総務企画常任委員会が開かれ傍聴、「阿波市議会議員政治倫理条例(案)」について協議しました。委員長から「条例(案)」・「施行規則(案)」・「審査会条例(案)」が提案され、少し質疑がありましたが、内容について委員が勉強して22日に開催される次回委員会で再度協議することにして終りました。

 条例(案)の第1条の目的には「議員が市民から市政に関する権能を信託された代表であることを自覚し、また、市民全体の奉仕者として人格と倫理の向上に努め、いやしくもその地位による影響力を不正に行使して、自己の利益を図ることのないよう必要な事項を定めることにより、市民の信頼に応えるとともに、市民が市政に対する正しい認識と自覚をもち、公正で開かれた民主的な市政の発展に寄与することを目的とする。」とあります。

 議員の兼業禁止などの倫理条例は旧4町では吉野町だけがなかったようです。吉野町ではなかなか条例制定になりませんでした。私も他自治体の状況も調べながら勉強したいと思います。そして、阿波市議会でも一日も早く「議員政治倫理条例」が制定されることを期待したいです。

11月10日(木)晴れ

  庭先に咲いた花今日は子ども達に荷物を作って送りました。娘(奈津)には、先日の石鎚山行きの写真とカタログを角3封筒に入れて郵便局に持参。料金は580円、局長が「エクスパック」にしたら500円で送れるとのことでそれを利用しました。

 皆さん「エクスパック」ご存知ですか。専用の封筒に入れば重さは関係なく、また送り先も全国同じで速達の速さで届いて、その上インターネットなどで荷物の問い合わせが出来る制度、料金は500円均一だそうです。初めて利用しましたが、こんな制度があることを今日まで知りませんでした。

  雑草の中に咲いた花娘(加那)のところには孫達の服を鴨島まで買いに行って、可愛い服を見つけてきました。健人は120、結花は85がないので90の大きさです。お正月には徳島へ来る予定で今から楽しみにしています。また、荷物が届いた時にかかってくる健人からの電話も楽しみです。こんなことを考えている時が一番幸せですね。

11月9日(水)晴れ

 午前中は友人のお見舞いに、大分元気になっていて安心しました。やっぱり健康が一番ですので、十分ご自愛下さい。その後眞鍋宅に 徳島生協の品物を取りに寄ってから「マサ子通信」の原稿作り。何を入れるかを考えるのが一苦労です。前回から後にあった事を新聞・HPの雑記帳などを引っ張り出して考えます。

 昼からは徳島市民劇場の例会「龍馬の妻とその夫と愛人」を里の父と友人の3人で出かけました。春名なおあきさんが5日に観てよかったとHPに書いてありましたので、期待していました。「哀しくておかしくて哀しい物語」とパンフレットに書かれていましたが、途中で何回も笑わせられました。最後におりょうが「私の愛した人は坂本龍馬一人」と言って出て行ったのが印象的でした。

 久しぶりに父を連れて行って「結構面白かった」と言ってくれてよかったです。それにしても17年前に亡くなった母が「娘に苦労させられるが、近所で誰も見ない生の劇を観に連れて行ってくれるのが楽しみ」と周囲の人に言っていたことを思い出しました。両親を連れて市民劇場に行くのが唯一の親孝行だったでしょうね。

 帰ってきてからまた机に向かって「マサ子通信」の原稿作りです。組合議会の電気代の問題・御所小学校の建設議案審議・町名アンケート結果・市政懇談会案内でまとめて、今回は早いうちに原稿が完成してほっとしています。明日印刷に出して更新はいつもの通り土曜日です。

11月8日(火)晴れ

 13時30分から開会された組合議会の百条委の傍聴に参加、今日はマスコミを含めて14人の傍聴者がありました。しかし、証人喚問するJFE関係者3人は不出頭でした。

 2名から不出頭の理由書が出されていましたが、後1名については事務局が出頭要請書を住所間違いで出して返送されていたことが判明。百条委としては、2人の不出頭理由は正当な理由と認められないが、真実を調査することが目的であり、告発すれば証人喚問できないこともあるため今回は告発を見送り、次回に3人の証人喚問をすることにしました。

 その後、前回問題になっていた電気代について所長に説明を求めました。所長より提出された資料では、平成14年の方式を決める段階の「技術提案設計図書」では電気代は年間1405万円であったのが、今年7月段階の「実施設計図書」では1億6316万円になっています。電気代が異常に高くなることは15年10月の段階で管理委託会社の日本環境工学設計事務所から指摘されていました。

 契約に基づく発注仕様書の内容が変わる場合は当然組合議会に説明をして議会の承認を得る必要がありますが、議会に何ら説明されていないようす。17年度の当初予算に本操業以降の電気代1億2440万円計上されていますが、組合議会で詳しい説明もまた質問もなく2月28日に議決されています。その結果、当初の仕様書と違う内容の施設が出来上がり、電力料金だけでも年間1億5千万円も高い維持管理費が必要になっている実態が百条委調査の中で明らかにされたのです。

 組合議会としてのチェック機能が全く果たせていない事態にもビックリ。合併で吉野川市・阿波市が出来るまでは、10カ町村の町長・村長と議長が議員になっていたという一部事務組合議会の構成が問題であったとも考えられます。それが合併を期に一般議員が組合議員に選出されて議会本来のチェック機能が果たせるようになり、今回の百条委設置で今までの問題点が明らかになっているのです。

 税金のずさんな使い方に今回も腹が立ってなりませんでした。傍聴席からも怒りの声が上がっていました。

11月7日(月)晴れ

 午前中は残っている集金に再度回りましたが、今日も留守のお宅が何件かありました。中には子供さんが立て替えてくれたお宅が数軒あって助かりました。

 昼からは友達の引越しの手伝いに出かけました。定年離婚ではありませんが、自分の老後を大切にしたいと離婚を決意したそうです。人それぞれですが、自分の人生を大切にしたいとの思いは皆さん一緒だろうと思います。それを実行するかどうかなんでしょうが・・。

 明日には組合議会の3回目の百条委が開かれますが、前回問題になっていた電気代について契約不履行であることがはっきりするのでしょうか。引き続いて傍聴に参加したいと思います。

 長崎県の諌早市でもJFEサーモセレクト方式の炉が稼動していますが、色々問題になっているようです。ゴミ焼却が間に合わず焼却できないゴミがたまっているようですが、中央広域環境センターはごゴミ量が足らずに度々焼却炉の火を消しているようです。

 焼却炉の立ち上げ・立ち下げ時にダイオキシン発生の危険があります。「中央広域環境センターの運転管理及び公害に関する覚書」には、年4回以上放散塔の排ガス調査を行うことになっています。その調査項目にダイオキシン類も入っていますが、8月に本操業に入って4ヶ月目に入っていますが調査を実施したようでありません。

 9月議会での私の一般質問に対し、市長は「覚書を順守していきたい。調査は厳重にして、結果は市民に公開して市民の健康を守っていきたい」と答弁されています。市長、具体的指示を事務局に出されているのでしょうか。百条委があるから調査が出来なかったなどと言うことのないように、ご自分の答弁に責任を持って早急に実施して下さい。

11月6日(日)雨のち曇り

 朝から夕方前まで雨の一日でした。久しぶりに何の予定もない一日をゆっくり過ごしました。

 ゆっくり起きて遅い朝食、その後藤岡惇の「グローバリゼーション戦争」を読み始めました。昼前から思い立って白髪染め、その後テレビの前で横になったら寝入っていました。

 夕方には夫とマルナカまで歩いて買い物に行って夕食作り、今日はシチュー・揚げ物・刺身で先日購入してきた「御前酒」を飲んでいると孫の健人から久しぶりの電話です。結花も電話口で何か言っていますが分かりません。孫はいいですね、疲れが吹っ飛ぶ感じです。こんな一日もたまにはいいものです。

11月5日(土)晴れ

  「第13回くろわっさんコンサート」会場で今日は映画とコンサートで戦争と平和について考えさせられた一日でした。

 徳島で見れない映画を見る会例会の「ヒトラー最後の12日間」をヨンデンプラザに見に行きました。全てを目撃したヒトラーの個人秘書「トラウドウゥル・ユンゲ」が明かしたヒトラー最後の真実、世界中に激震が走ったそうですが、見終わった会場にも衝撃が走っていました。組織崩壊に直面した時の人々の心理的葛藤が見ものでありました。

 見終わって私は2つのことを思いました。1つはNHKドラマ「義経」の中での平家一族の最後、もう1つはドイツの最高責任者ヒットラーは自殺したが日本の最高責任者はどうであったかと言うこと・・・。

  演奏する加戸さんは左側その後夕食を食べて「第13回くろわっさんコンサート」会場のふれあい健康館に向かいました。くろわっさんリーダーの徳島市議の加戸悟さんに、昨年の例会に参加すると約束していたのに事情で参加できず、一年遅れで約束を果たすことが出来ました。

 本当に参加してよかったです。歌の歌詞を全て印刷してくれていたので一緒に歌うこともできたし、生演奏は迫力が違いますね。久しぶりに全てを忘れて感性だけで酔いしれました。歌もよかったのは勿論ですが、平和を願う皆さんの思いが全身で伝わってきました。大成功でよかったですね、お疲れ様でした。

11月4日(金)晴れ

 9月の健康班会で決めていた眼科検診に班グループ4人で健生病院眼科へ行ってきました。白内障を心配していたIさん「今のところ全く心配ないと言ってくれた」と大喜び。3人とも脂肪の塊を取ってもらってよかったとのこと、帰りに喫茶店によって美味しいコーヒーを飲んでよもやま話をたっぷりして帰ってきました。

 昼からは、先日の臨時議会の折選任されていた議会広報委員会に参加しました。一時半から4時前まで意見を出し合って一回目に何を入れるか検討しました。9月議会の一般質問・委員長報告・先日の臨時議会の質疑・討論・採決結果・広報委員会メンバーの紹介などを載せることになりました。

 何せ2ページしか紙面がないので編集委員の腕の見せ場もありませんが、議員自らが議会広報に関わることは大切なことだと思います。委員長報告はそれぞれの委員長に原稿を依頼することを決め、次回はゲラ刷りの段階で寄ることにして解散しました。編集委員さんは皆さん熱心な人ばかり、今日も全員が参加してそれぞれ活発な意見を出されていました。「広報阿波」12月号(12月1日発行予定)をご期待下さい。

11月3日(木)晴れ

  原爆パネルを見る親子阿波市吉野地区の文化祭が今日と明日開かれています。町民センターの会場の一角に原爆パネル展が今年も行われていますので見に行きましたら、親子連れが熱心に見入っていました。里の父が出展した作品の一枚 毎年熱心に見る親子の姿を見かけますので、続けて展示することが大切なんだと思います。

 里の父は地元の短歌の会「柿の実会」グループで、文化祭に毎年作品を出展しています。今年も沢山の色紙と短冊を出していて、その一枚をデジカメに収めてきました。

  28人に増えた呼びかけ人も壇上に昼からは「九条の会徳島結成のつどい」に夫と参加、1000人参加で大盛況でした。開会前には広い会場に参加者はぱらぱらだったのですが、見る間に席が埋まっていきました。もっと多くの参加者で会場一杯にしたかったですね。

 お郷ことば、憲法九条・ミニコンサート・記念講演・合唱、そして運営費のカンパが会場で428,283円も集まったと報告がありました。呼びかけ人も18人から28人に増えて、各方面からの参加が窺えます。ペシャワールの現地で20年も医療活動に携わっている福元満治さんの話は、本当の国際貢献とは何かを私達に訴えてきました。そして憲法第九条の果たす大きな役割を改めて痛感させてくれました。

11月2日(水)晴れ

 札所写真展の前で稲井芳男さんをパチリ 元吉野町助役の稲井芳男さんが「四国八十八ヶ所徳島県の札所巡礼写真展」を今日から「こすもす」で開いています。

 稲井さんは吉野フォトクラブを87年に結成して、現在も会長を努めていらっしゃいます。阿波市発足に伴う辞職後再び写真を始めることと思っていたら今回の写真展を開催、今朝早速拝見しました。そして写真の前で稲井さんをデジカメに、個展のご成功オメデトウございます。(昨日の徳島新聞にも大きく個展の紹介がされていました。)

 その後、先日見逃していた「蝉しぐれ」を北島シネマサンシャインで見てきました。明日までの上映と入り口でいわれ、思い切って今日来てよかったです。景色もきれかったですね。

11月1日(火)晴れ

  大山の紅葉一般廃棄物収集運搬業の許可手続きに関する百条委の2回目が13時30分からあり傍聴しました。今日の傍聴者は4社のマスコミを含め9人でした。

 18時台のNHKニュースでも今日の百条委の様子がさっそく報道されていましたが、今回も問題点が出てきました。契約に基づく発注仕様書の発電設備の設計基準には「本施設及び組合関連施設の電力負荷へ給電するのに十分な容量を有するものとする」となっているが、現在3200キロカロリー必要なところ1800キロカロリーしか供給されていないことがわかりました。

 「技術提案図書」には契約電力量料金は年間1405万円で電力使用料金は0円となっていますが、四国電力へ電力使用量として8月分15,852,050円・9月分14,641,938円支払っていることもわかり問題になりました。コレは契約不履行ではないかと大論議になり次回にJFE関係者3人を証人喚問、管理者と収入役を参考人に呼ぶことも決めました。17年度予算の点検整備と昨年12月からの運転委託に至った経緯については次回に論議。

 前回はJFEが支払うべきLNガス代3500万円が我々の税金から支払われていたことが分かり、今回は契約の発注仕様書では0円の電力代に2ヶ月で3000万円も支払っていることがわかったのです。次回のJFE関係者の証言ではっきりすると思いますが、何でこんなことが毎回判明するのか腹が立ってなりません。どんな内容の契約を締結していたのですか。関係者は責任を持って我々市民に説明してください。