4月の雑記帳
4月30日(土)晴れ

  政策を話す岡田さん初夏を思わせる日が続いています。午前中は新聞の配達と集金をしましたが、市長選挙の話がどこでも出てきます。明日が告示ですので大分関心が高まってきたのでしょう。今日話題になったのは「前吉野町長と助役が両候補の後援会に名前を連ねたのはいかがなものか」とのこと。私もビックリしましたが理解しがたいです。

 帰ってすぐBさんの告別式に参加しました。健康班会でいろんなお話をお聞きしたBさん、入院したと聞いていたのですが大手術後頑張っていたのに残念です。ご冥福をお祈り申し上げます。

  仁比参議院議員と池光市議と一緒に夜は吉野川市鴨島町の演説会に参加、岡田さん・扶川県議と仁比そうへい参議院議員の話に耳を傾けました。会場いっぱいの参加者に国会での共産党議員の活動ぶりをリアルに話しながら、吉野川市議会での共産党2議席がいかに大切かを話されました。久しぶりの仁比さんの話に感動、演説会終了後阿波市議の池光さんらと一緒に仁比参議院議員とパチリ。岡田さんから応援の依頼があり2日に事務所に行く約束をしました。

4月29日(金)晴れ

 今日も暑い一日でした。午前中は眞鍋議員と新聞のお勧めに回りました。以前読んで頂いていた人を中心に回って3人の方に購読の約束をしていただきました。そのうちの一人は、畑で田植えの準備をしていた農家の方でした。憲法9条が危ないなどの話をする中で1年間読んでみようと言ってくれました。また「会社を辞めて生活が大変」「ちょっと待って、そのうちに声掛けるわ」と言いながら、来年の市議選は共産党頑張ってとの励ましをいただいた人もありました。有難いことです。

 昼からは結婚式に行く夫(哲雄)を送って徳島市へ行った帰りに孫達に子どもの日のプレゼントを買ってきました。昨夜健人から電話があり「お婆ちゃん、スダチジュースなくなったから送って」とのコト。明日から7日間も保育園がオヤスミと嬉しそうに言っていました。娘(加那)も5月から本格的に議員活動に復帰、その代わり夫の大祐さんが2ヶ月育児休暇を取って結花の世話をして7月から保育園に預けるようです。30年前の私達の出産・育児のスタイルと違っていますが、必死に育児と仕事の両立をはかる努力をしている娘達の姿は頼もしい限りです。

 明日は吉野川市で仁比そうへい参議院議員も参加して共産党演説会があり私も参加しようと思っています。

4月28日(木)晴れ

 暑いと思ったら鳥取では30度を越したそうです。そんな暑い日でしたがMさんと一緒に吉野川市議選をたたかう岡田さん宅へビラまきに行きました。一人で1コース2時間は大変とMさんをさそったのですが、まきやすい所と言われながら2コースを頼まれ昼までかかってしまいました。暑かったので久しぶりのビラまきは堪えました。初めてのところのビラまきはポストの位置を探すのも一苦労、でも発見もあって楽しいものでした。

 逢った人にビラを渡しながら話をすると「岡田さんはよく知っている。頑張ってください」と皆さん好意的で日頃のつながりの強さがよくわかりました。共産党は今回の市議選挙に岡田・高木さん2人の必勝をめざしています。

4月27日(水)晴れ

 阿波市長選挙とともに吉野川市議選挙の話題も大きくなってきました。そんな中で吉野川市の美郷村は人口が極端に少なくて、選挙で一人の当選者も出ないのではないかとの心配の声もあります。吉野川市も阿波市も市議選挙が小選挙区制になっていませんので、来年末に予定している阿波市議選挙で旧吉野町で何人当選するかは全く未知数です。

 先日、ある方が「有川さん、吉野町で1人か2人しか当選しないかもわからんな」と言われました。それでは私達の声がますます議会に届かないと今から心配されていました。定数が66人から24人に削減することが住民の声を議会に届けにくくするのではないでしょうか。しかし、そのことがあまり問題にされず、「議員の数が多いのは経費のムダづかい」との議論が先行しているのは問題であると思います。その一方で箱物への投資を奨励している感さえする合併に疑問をずっと感じています。

 吉野川市では、議会解散論議の中で26人と決めていた定数を22人に削減してしまいました。削減する前に「美郷村の議員がいなくなるかもわからない」そんなことを考えた人がいたのでしょうか。他市のことながら、そんなことを考えてしまいました。

4月26日(火)晴れ

 友がメールで送ってくれた花旧板野郡議員団の学習会が午前中ありました。今日も10人の参加です。週1回集まることで各議員の活躍ぶりがよくわかります。それぞれの町で出している三月議会報告ビラの交換、私は「マサ子通信」を皆さんに渡して先日の阿波市議会臨時会の報告を簡単にさせてもらいました。20日に試運転を始めた一廃工場の視察に行くことも決まりました。

 昼からは残っている集金に回りました。吉野支所に行った時に板東市長職務執行者もこられました。在任中に市内を一回りしているところだそうです。5月8日の投票で新市長が決まるまでの任期で、休みを除くと後4日しかないとのことでした。5月1日の告示まじか、市内を回っていると市長選の加熱振りが伝わってきました。

 夜も眞鍋議員宅で会議でした。吉野川市議選挙の応援をどうするか、新聞のお勧めに何時行くかなど、当面の行動を相談しました。それにしても昨日のJRの脱線事故は、聞くたびに犠牲者、負傷者の数が増えています。犠牲になられたご家族の無念の声は、聴くに忍びませんでした。

4月25日(月)曇り時々雨

 尼崎駅手前の脱線事故は亡くなった人が50人にもなる大惨事になってしまいました。犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈りします。運転手の責任だけでなく原因究明をキチットして再発防止につなげて欲しいと思います。9時20分におきてからどのチャンネルも事故の惨事を報道していました。いつも思うのですが、何かあればどのチャンネルに回しても同じ内容の報道をされると、異様さを感じてしまうのは私だけでしょうか。

 今日は市役所・支所などで集金だけの読者を回りましたが結構時間がかかります。それに、休んだり会議中の方がいますので数回の訪問になりそうです。ある読者の方から花の鉢をもらってきました。いつもキレイな花を見せていただいていますが、「なかなか自分の為に花が買えない」などと話していたら頂く事になって恐縮です。

 最近写真が雑記帳に載らないとの声があって、旧市場町の「シバザクラ街道」に行こうと思ったのですが、鳴池線を北に曲がるところに案内板が立っていましたが途中何にも案内板がないんです。誰かに尋ねると良かったのですが迷った挙句諦めて帰ってきました。もう少し親切な案内板をお願いします。

4月24日(日)晴れ

 昨日は本当に疲れてしまいました。夫(哲雄)の仕事の関係で新聞の配達集金をいつもの1.5倍、一日かかってしまいました。何人もが私の訪問を心待ちにしてくれています。ゆっくりと話を聴いているとすぐ半時間ぐらいかかってしまいます。有難いとは思いながら最近は疲れが残ってしまいます。夜は地元婦人会の「ゴキブリ団子づくり」でした。毎年やっていますので皆さん段取りよくやってくれました。後でコーヒーとケーキで団欒するのもいいものです。

 今日の午前中は地元の会議です。先日の第3回中央委員会のビデオの続きを1時間見ました。パンフを見ながら聴くとよくわかりましたが、なかなか行動するまでにはなりません。今回も子どもの参加があって落ちつきませんでしたが、一人でも多く参加があることが大事ですもの。「マサ子通信」の更新を土曜日にしています。ぜひご覧下さい。

 今日はお隣吉野川市議会の解散を求める住民投票日でした。今、テレビの速報で解散が決まったとのコト、いよいよ市議選挙に突入です。予定では5月22日告示で29日投票と言われています。定員を三月議会で26人を22人に削減することも決まっています。日本共産党は、高木さんと岡田さんが立候補します。明日は春名前衆議院議員も吉野川市議選の応援に来る予定、2議席必勝をめざし、私も応援に駆けつけたいと思っています。

4月22日(金)晴れ

 阿波市になったので印鑑証明を請求する手帳を変更してとの案内がありましたので吉野支所に持参しました。新しいのはカードになっています。近頃は何でもカードになるんですね。4月中に変更するのかと思ったら今年度中だとのコト、慌てなくても良かったんですね。

 4月25日が大学の前期授業料の支払日です。国立でも値上がりして267,900円、工面するのが大変です。以前に銀行の窓口で勧められて外資定期貯金をしていたのですが、これを解約しようと徳島銀行阿北支店に行ったら、「今解約したら損しますよ」と言われ「いくら損するん」と訊いたら元金より一割少なくなるとのこと。「何時高くなるかわからんので解約します」といったら解約用紙がないなどなど・・と1時間かかっても埒が明きません。いい加減にしてよ。一割も損した上にこんなに待たすなんて・・。少しでも利息が多くと思って欲を出した自分にも腹が立ってどうしようもありませんでした。

 前期の教科書代と5月の生活費も送金したら解約したお金が全部飛んでいってしまいました。「送金したよ」とメールすると「ありがとうございます」との返信がすぐ返ってきました。息子とのやり取りはほとんどがメール、味気ないですね。でも返信があるだけでもいいかとの思い、親ばかそのものです。

4月21日(木)晴れ 

 今日は一日机の前で「マサ子通信」の原稿書きに専念しました。月2回の「マサ子通信」発行のための原稿書きは大変です。いつも追われているようですが、原稿をまとめている間に色んなものの整理が出来ます。今日は昨日の臨時議会の問題が何であったのか、何がはっきりしたのかがよくわかりました。めもっていたノートの不十分な点を担当部長に確認したら、「もっとゆっくり答弁しなければいけなかったようですみません」と言われたのには恐縮です。

 文芸コーナーに入れる色紙が新しくかけているか里の父に電話をかけて、ボタンの花が3種類かけていた中から気に入ったのを「マサ子通信」の裏面に入れました。夕方には原稿も仕上がり明日印刷に出します。更新できるのはいつものように土曜日になりそうです。

 夕方手塚さんが県政ニュースを持ってきてくれましたので折り機にかけているところです。「吉野新報」と一緒にセットして配布しようと思います。

4月20日(水)雨のち曇り

 臨時議会が終りました。10時開会で終ったのが16時40分でした。専決処分承認3件について質疑をしたのが11人、迫力がありました。また、通告書を出しているので理事者側の答弁も準備周到な感がしました。それに旧吉野町議会ではほとんどの答弁を町長がしていましたが、今回は部長・教育長・市長職務執行者がそれぞれに責任を持って答弁していたのが印象的でした。

 私の質疑で、阿波市発足時点での基金残高と起債額が旧4町別に明らかになりました。基金残高の総額が約34億円に対し、起債総額が177億円とのこと。意外にも旧吉野町の起債が少なく基金残高が多いのにビックリしました。それに比べて基金が多いと言われていた旧土成町の基金が思ったより少なく起債が吉野町より多いことにもビックリです。

 議会運営も議員の発言をおさえることなく、民主的な運営に心がけられたように思います。コレは議長・議会事務局の姿勢が反映したのでしょうか。反対討論の発言は6人いましたが、賛成討論は1人だけでした。議員数が多いため採決で何人賛成で何人反対かの確認が出来ないまま、「賛成多数で可決」とは合点がいきません。「数を確認する必要がない」が事務局の考えですが、皆さんの議会はどうですか。

 議論の端々に市長選挙戦の影響が出ていましたが、臨時議会終了後の注目の的は誰が市長になるかです。5月8日には新市長が決定するとの市長職務執行者の最後の挨拶がそれを物語っているようでした。

4月19日(火)晴れ

 旧板野郡議員学習会に参加、今日は8人参加で「議会と自治体」4月号で九条の会の各地の取り組みを読み進めました。小学区ごとに会を作っているなんてスゴイと思いましたが、日曜日に徳島でも池田で700人参加で9条の会講演会が行われました。三木睦子さんは体調不良で参加できませんでしたが盛況だったようです。

 学習に先立って建交労の方から「アスベスト(石綿)」被害について報告があり、じん肺・振動病につぐ「石綿肺」が大きな職業病に、潜伏期間が長いのでこれから多く発生するだろうとのことでした。

 昨日の質疑通告者は11人、討論通告者は7人いたそうで、明日の議会も時間がかかりそうです。活発な議会となると思いますが、明日も傍聴者はいないのでしょうか。土成・市場にはケーブルテレビで放映するようですがやっぱり議場にも聞きに来て欲しいと思います。

 夜は健康班会に3ヶ月ぶりに参加、健生病院から栄養士がきて「コレステロール」の話をわかりやすく説明してくれました。参加者ごとに標準体重(身長×身長×22)を計算してくれ、肥満度と食生活の改善点を具体的に教えてもらって皆さん喜んで帰っていきました。標準体重の10%以内は大丈夫との栄養士さんの話、私も辛うじてその範囲に入っているので一安心です。自宅では民青の班会、帰った時もまだ楽しそうに話し合っていました。家に若者が出入りするのは楽しいものです。

4月18日(月)晴れ

 質疑・討論通告書を提出のため市役所に8時30分に行きましたら、すでに3人の方が提出していました。私がいる間にも4人の方が出しに来ましたので締め切りの12時までに何人出したか楽しみです。

 合併して今日で18日ですが、市役所で気になることがひとつあります。庁舎内は禁煙になっているときいているのですが、分煙がキチットされていません。玄関を入ったすぐ横に喫煙コーナーがありますので、入口を入ってきた人は多少なりとも煙をすってしまうのではないでしょうか。議会場になっている農村改善センターですが、ロビーが喫煙室で休憩コーナーになっているんです。タバコを吸わない人が休憩するコーナーが用意されていなくて、タバコを吸う人が中心なんておかしいです。

 市役所の帰りに市場支所に立ち寄りました。市場支所には、支所機能以外に健康福祉部と福祉事務所があります。今日は部長に挨拶をした後、住民の方から相談があった件について話をきいてもらいました。仕事の分担がなかなか頭に入らず、この問題を誰に聞いたらよいのかまだまだ悩んでしまいます。住民の方もさぞ苦労されているのではないでしょうか。

4月17日(日)晴れ

 出原先生の作品 お世話になったIさんのお見舞いに行ったあと郷土文化会館で上映される「チルソクの夏」を見に行きました。早めに着いたので3階で開催されていた「書芸院展」に行ったら入り口で大島先生にお逢いしました。Dさんの作品もありますよと言われて探して見つけました。記念にパチリ、作品には童謡の歌詞を仮名で書いたものが沢山あって親しみを持って鑑賞してきました。

 その後まちあわせていたOさんと「チルソクの夏」を何回も笑いながら自分の17歳当時を思いだしていました。私にはあんな心ときめく出会いはありませんんでしたが若いっていいなと痛感させられた1時間54分でした。

  多数の参加者昼食をともにしながら自分の時間を楽しんでいるOさんのはなし、全国にメル友がいて色んなジャンルの人との関わりを生き生きと話す元気そうなOさんは、私より7歳も上とは思えませんでした。

 その後一緒にふれあい健康館で開催の「鉄道高架事業を考える」シンポジュウムに参加、中山奈良女子大教授の「街づくりは人づくりである。これからの公共工事は、そこに住んでいる住民と一緒に進めて行くことだ」とのことばが印象に残りました。

 予定があって休憩時間に抜け出して帰ろうと入り口に出たら仁比そうへい参議院議員とぱったり逢いました。仁比議員は、先日国会で徳島の鉄道高架問題について質問をしていたので、その報告に今日の会に参加されていたのです。活躍している様子は聞いていますがお逢いするのは久しぶり、感激で握手にも力が入ってしまいました。

4月16日(土)晴れ 

 午前中は赤旗新聞の配達、いいお天気で畑に沢山出ていました。田の瑞でFさんらが話していたので私も仲間入り。道路に座り込んで話に加わりましたが、何台もの車が座り込んでいる私の横をとおっていきましたが、何をしているのかとさぞビックリされたのではなかったでしょうか。でもいい気分で話し込みジュースもいただきました。

 今朝の徳島新聞に昨日の阿波市議会の様子と暫定予算が詳しく解説されていました。75億円の暫定予算の内訳が円グラフでまとめられていて、昨日の理事者の説明よりわかりやすいものでした。投資的経費が多いと思っていましたが、徳新も指摘していました。「合併協議で約束していた事業」の予算計上したために建設事業費が多くなっているとのことですが、合併協議でどんな事業が約束されていたのか、議員である私もほとんど知らされていないことにショックでした。合併協議会の場以外でどんな約束をしていたのですか。皆さん知りたいですね。

 質疑・討論通告書を一応まとめましたが、18日提出までにもう一度確認しようと思います。

4月15日(金)晴れ

 第1回阿波市議会臨時会、10時開会で16時閉会、疲れてしまいました。庁舎横にある改善センターのホールが特例期間中の議会場です。66人中62人の出席、議長・副議長選挙の後議会委員会条例・会議規則などの議員発議を審議。議長選挙は吉川議員51票で私が4票、副議長選挙は月岡議員45票で眞鍋議員が3票でした。委員会条例・会議規則については以前から共産党が要望してきた「委員会の公開」などの問題点を指摘して、条件付の賛成討論を私がやりました。

 昼からは、一部事務組合議会の議員選出の後、専決処分の議案説明で終りました。議案審議は20日の再開日です。マスコミ以外の市民の傍聴者が誰もいなかったのは淋しい限りです。ただっぴろい議会場に62人の議員、何人かの議員さんの名前は覚えましたが、大半の議員さんの名前を覚えるのはこれからです。1年間に皆さんの名前を覚えれるかどうか定かでありません。

 議会終了後、眞鍋議員・池光議員と再開日の対策会議をしました。質疑・討論通告を18日午前中までに提出、町議会にはなかったルールで、通告書の書き方から勉強です。マンネリになりかけていた議会活動、1つ1つが新鮮で頭も活性化できると楽しんでいるところです。

 夜は夫(哲雄)の買ってきた純米吟醸酒を味わいながら疲れを癒しました。

4月14日(木)晴れ

 午前中に市役所に行って明日の臨時会の議事日程を事務局で確認、議席番号も確認しました。そこで52歳の職員が急死して明日お葬式 があると聞いてビックリしました。ご家族の嘆きの大きさに思いをはせながらご冥福をお祈りしたいと思います。

 毎日市役所に来て、議案の検討や勉強をしている議員さんがいらっしゃるそうです。熱心な議員さんがいるのは頼もしい限り、66人の議員さんには色んなタイプの方がいるのではないかと今から少し楽しみです。昼からは、昨日の続きで「吉野新報」の議会報告原稿をまとめていました。明日は10時から臨時会です。

4月13日(水)晴れ

  入園式での園児とお母さん昨日とはうって変わっていいお天気、柿原幼稚園の入園式に参加、教育委員会だけの挨拶でしたが、園児にとっては丁度いい時間のようでした。名前を呼ばれても返事なしの子も沢山いましたが、オメデトウに対しては「ありがとうございます」と大きな声で言っていました。お母さんも心配そうに後ろで見守っています。21人の園児で4組は両親が参加していました。 入園式で名前を呼ばれて前に並びましたこの子達が3月にはお別れの歌や園歌をしっかり歌えるようになるんですね。

 昼からは議案書とにらめっこです。暫定予算で専決ばかりですが、疑問点を部長・課長に訊くといい勉強になります。今でも庁舎内は混乱が続いている様子、打ち合わせの会議ばかりしている部もありました。合併と引継ぎでさぞ職員の皆さんも大変だろうと思います。議員にとっても3町のことはわからないし、議会のやり方も少しずつ違うだろうと思います。でも、「コレはなんだろう」と思ったことは恥を忍んで教えてもらっています。

 20日の議会が終ったら三月議会とあわせて議会報告「吉野新報」を発行するので、三月議会の内容をまとめ始めました。議事録を読み直してみたら、1が月の間に進展していることも多々ありますね。

4月12日(火)雨

 柿原小学校入学式 一日中雨がふり花冷えの寒さ、2月中旬の寒さだとのことで寒いはずです。柿原小学校の入学式に参加、今日は教育委員会とPTA会長の2人の挨拶で式も早く終りました。注目していた議員の参加は眞鍋議員・篠原議員と私の3人でした。

 29名の新入生は可愛い、でも小学校の制服を着ると、3週間まえの幼稚園卒園式時と比べるとずいぶんしっかりしたように見えました。 入場する新一年生みんなの拍手で入場する一年生、緊張気味ですが、来賓挨拶で「ご入学オメデトウ」に対し「ありがとうございます」と大きな声で答えているのは微笑ましい限りでした。年2回歌える校歌を大きな声で歌ってきました。

 昼からは延期していた議案書の検討を眞鍋議員・池光議員と3人でやりました。議長選の対応・議案の賛否や疑問点を出し合って最後に役割を決めて終りました。これまでの市場町議会の対応がよくわかり、3人になると広い観点で議案審議が出来ました。やっぱり数は力ですね。

 夕方Oさんと赤旗日曜版のお勧め行動に行って1件購読してくれるようになりました。

4月11日(月)晴れ

 西島園芸団地の菜の花畑 阿波市立吉野中学校の入学式に参加、82人の新入生を迎えました。合併したばかりで入学式の模様が少し替わりました。教育委員会告知が祝辞になり職員・生徒起立がなくなりました。以前から、教育委員会の挨拶のときに、先生と生徒を起立させるのかおかしいと思っていましたが・・。議会も議長選出前で議長挨拶もなく参加した議員も17人中5人でした。板東市長職務執行者が参加していましたが、明日の小学校入学式には理事者側の出席はないとのこと、議員は何人参加するのでしょう。

 吉野中学校の先生が昨年に比べて4人も減って大変だとの校長先生の話、三位一体改革の影響なんでしょうか。また、校長先生は、今日の入学式には全生徒239人が出席している。コレはめったにないことだといっていました。先生方の働きかけの賜物でしょう。どこの桜の花も咲き誇っています。卒業式の厳粛さはありませんが、夢と希望が感じられるざわつきもいいものです。

4月10日(日)晴れ

 午前中は我家で会議、1月に出産したTさんも赤ん坊を抱いて久しぶりの参加。皆にかわるがわるに抱かれた赤ん坊は、疲れたのか眠ってしまいました。久しぶりに赤ちゃんを抱いたMさんは上機嫌「赤ん坊はかわいいね」と目を細めています。これからの会議は賑やかになりそうです。

 7日に見ていた「三中総」のビデオを参加者で見た後、議員全員協議会・初議会日程などを報告、新聞お勧めの行動日程も決めました。

 昼から議案の検討会を予定していましたが池光議員の都合が悪くなり延期、徳島県廃棄物問題ネットワークの定例会に急遽参加しました。徳島市・那賀川・美馬・板野・吉野川市・阿波市・鳴門市から18人が参加して、各地の近況を報告、私も「一廃の運転管理及び公害防止に関する覚書」を組合と吉野町・土成町で締結した経過報告をしました。「公害審査委員会」の設置が「覚書」に書き込まれたことは良かったと言ってくれました。

 その後、2月24日に制定された「徳島県生活環境保全条例」について扶川県議から報告があり、条例の評価点と問題点がよくわかりました。最後に今後は各自治体でこのような条例を作ることが大切と言われたことが頭に残りました。

 その後阿波市役所に寄ると、休日でも出勤している職員が多かったのにビックリ、総務部長に議案書の疑問点について少し教えてもらい助かりました。その後、図書館によると人数が減って大変な状況のようです。臨時職員は、住民サービスの低下がおこらないように配置して欲しいと思います。

4月9日(土)晴れ

 暖かい気持のいいお天気、布団を干しました。

 午前中は新しい「マサ子通信」と共産党ビラをセットして逢う人に渡しながら新聞配達と集金です。「花見に行きましたか、今日・明日が見ごろですね」と声をかけると、「今日、家族で行きます」との返事も返ってきました。意外と花見に出かけた人が多かったですね。

 昨日もらった「議案書」は、180項目の条例と暫定予算の専決処分したもので、厚さが10センチもある膨大なものです。一通り目を通すだけでも大変です。昼からと夜中までかかってもまだ残っていますが、明日も頑張って目を通して問題点をまとめないと・・。市議会になると、質疑・討論を事前に通告しておかないといけないそうで大変です。明日は眞鍋議員と旧市場町の池光議員の3人で議案書の検討をする予定です。

4月8日(金)曇り

 阿波市役所の玄関 10時からの全員協議会に参加、理事者と議員の自己紹介から始まりました。机に配布されていた資料を見ると、常任委員会・特別委員会のメンバー表には、すでに委員長・副委員長が決められています。一応案となっていますがどこで決めたのでしょう。委員長・副委員長の割り当てが旧町ごとに決まっていることは報告されていましたが、誰を委員長・副委員長にする相談は全くなかったのです。

 質問してわかったのですが、吉野町は一部の人で決めたようですが、他町は皆で何回も相談して決めたようです。本来は、委員が集まって互選で委員長・副委員長を決めるべきです。吉野町の一部の人だけで決めるという従来のやり方を引きずっているようですが、こんな非民主的なことは今後なくなることを望みます。

 夜は地元の婦人会総会に参加。いつものプレゼント交換・ビンゴゲームをやった後に阿波市についてのクイズをやったら盛り上がりました。「くらしナビ」を読んでいる人はわかっていましたが、皆さん知らないことが沢山あると自覚したのではないでしょうか。私も住民から相談を受けても、どこの誰に聞けばいいのかすぐわからないことが多いんですよ。暫くは「くらしナビ」を片手にもって相談を受けるようにします。

4月7日(木)晴れ

 徳島市で25度を越えた夏日だったそうで、寒がりの私も昼過ぎには服を着替えるぐらいの暑さでした。

 今日は「マサ子通信」の原稿を書くため、あちこち電話を入れて情報収集です。そして昼からは原稿書きにかかり夕方に書きあがりました。今回は、阿波市議会初議会と市長選挙の日程・ゴミ収集運搬業務契約について・2005年分政党助成金の政党別配分額、裏面は先日3月31日に締結した「中央広域環境センターの運営管理及び公害防止に関する覚書」を転載しました。

 夜は眞鍋宅で会議、5・6日に開かれた第三回中央委員会総会(三中総)のビデオを途中まで見てから当面の課題について話し合いました。三中総については、参加していた春名前衆議院議員のHPに詳しく報告されていますのでご覧下さい。明日は阿波市議会の全員協議会が10時からあります。66名(2名欠員)が初めて一同に集まりますが、どんな具合になるか楽しみです。

4月6日(水)曇り

 昨日、午前中にあった板野郡議員団の学習会を終えて夫(哲雄)と高知県へ温泉と花見に出かけました。高知国分寺の桜

 龍河洞スカイラインを通って野市町の高知黒潮ホテルへ、夜は近くの居酒屋で美味しい刺身とにぎりを食べて温泉でゆっくり。

 今日は、龍馬資料館・紀貫之邸跡・西島園芸団地・大豊の日本一の大杉と美空ひばりの歌碑・大原富枝文学館・早朝浦ダムを見て帰ってきました。

 山原元国会議員の生まれた本山町は、想像していたより大きいな町でした。共産党の組織も大きいのか春名さんのポスターの張り出しが多くなったように思いました。 張り出された春名さんのポスター道の駅大杉の隣に貼っていたポスターをデジカメに。衆議院高知1区の予定候補者と四国の比例候補者になったのでポスターが貼られていると思いますが、徳島県にも貼リ出したいですね。

4月4日(月)晴れ

 今日は阿波市役所・市場支所・吉野支所を挨拶をしながら回ってきました。我家から市役所までは25分。阿波市役所には総務部・市民部・企画部・産業業建設部・会計課・水道課・議会事務局があります。まず気がついたのが、職員の名札の所属名と名前の字が小さいこと。支給された名刺もおなじ、名刺に印刷されている所属名はめがねをかけても読みかねる小さい字にビックリします。特に、職員の名札は市民の方に見やすい大きな字に早急に改善が必要です。議会事務局に寄ったら、8日に議員全員協議会、15日に臨時議会を予定しているとのコトでした。

 市場・吉野支所では、総合窓口課・地域振興課の職員が市民からの問い合わせや窓口業務に昼食も食べる時間もないほど仕事に追われていました。落ち着くまでには1ヶ月ほどかかるのでしょうか。部長・課長さんに名刺を渡して挨拶しましたが、66人もいる議員の名前を覚えるのは大変だといっていました。その点、唯一の女性議員である私は、名前を覚えていただく上でも有利なのかもわかりません。市役所の中では、秘書課長・会計課長・議会事務局長が女性、お互い頑張りましょうとエールの交換をしてきました。

4月3日(日)雨時々曇り

 20時ごろには春雷と強い雨、その音にビックリしました。春爛漫のいい季節、庭先の花園が目を楽しませてくれるいい季節です。

 今日は、昼から市民劇場「煙が目にしみる」を友と見てきました。加藤健一事務所の演じる笑って泣いて楽しめるお芝居でした。ある斎場の待合室が舞台、休憩なしの1時間45分。火葬される2人の死体の家族が待合室で交わす会話を聞きながら、自分が立ち会った斎場のさまざまな場面を思い出していました。

 母のこと・義母のことなど。母はある朝突然脳梗塞で意識不明になりそのまま亡くなったので、さぞ言い残したこと、やり残したことが沢山あっただろうと思います。母にその思いを聞いてみたいなあなんて思ってしまいました。2ヶ月に一回の例会は私の楽しみの1つになっていますが、父が一緒に行かなくなったのが残念です。

夫(哲雄)が今日半日かけて、手ぬぐい版画を入れる額を作っていましたが「出来た」といって持ってきました。手作りの素朴な額にこいのぼりが2匹泳いでいます。玄関先に飾っていますので良かったら見に来てください。

4月2日(土)曇り時々雨

  鴨島公園の桜今朝の徳島新聞に中央広域環境施設組合の名前で「一般廃棄物中間処理建設について」と題したビラが広告と一緒にセットされていました。内容は先日組合と吉野・土成町長と締結した「覚書」、挨拶と今後の簡単な日程について書かれていました。コレで住民への説明も終ったとして炉に火入れをするんでしょうか。

 午前中はあかはた日曜版の配達と集金、午後は「四季彩」に花の苗を買いに行ってきました。 桜に下で夫(哲雄)とそして夜は花見です。天気予報で「夕方から雨で花見には適しません」と報じていたためか花見客は少なかったのですが、雨も降っておらず暖かい気候の下、3分咲きの桜の下で大いに盛り上がりました。お世話役が注文してくれた花見弁当とビール・お酒を飲み交わし楽しいひと時をすごしました。一緒に行った夫(哲雄)と一緒にツーショットを撮ってもらいましたが、後で見ると外野も写っています。昨年も夜桜の美しさに感動しましたが、咲きかけの今日の桜も良かったですね。ぼんぼりに映えた桜は格別、やっぱり花見は皆で行くのがいいです。

4月1日(金)晴れ

  閉庁挨拶する竹重町長4月1日、阿波市がスタートしました。7時50分から開庁式が旧阿波庁舎であり、その有様がマスコミで大きく報道されていました。全国的にも44箇所で合併したんですね。

 昨日は17時からから吉野町の閉庁式と町長・助役・収入役・教育長の退任式があり、ずっと自宅療養中の竹重町長も参加して挨拶されました。足元がふらつくようでしたが、しっかりとした挨拶に感慨深い思いが伝わってきました。4人の皆さんにはそれぞれに大変お世話になりました。

 閉庁式の前後に開かれた全員協議会で、懸案になっていた「覚書」には、前回要望していた放散塔の排ガス検査は炉の立ち上げ・立ち下げ時に実施、公害審査委員会の設置も入れた内容で締結することを議会も了承しました。その後組合と吉野町・土成町で正式に「覚書」の締結をしました。今後、町民への周知をした段階で一廃工場の火入れをすることになります。

 町から、ゴミの収集運搬委託の契約を四国合同通運鰍ニ3ヶ月(4月から6月末)の暫定契約にするとのこと、議会も同意しその後の契約は競争入札をして決めるよう要望しました。先日処分保留で釈放されていた四国合同通運且ミ長夫婦は、31日に徳島地検は起訴猶予処分にしたと今朝の新聞に報じられていました。贈賄罪の公訴時効が成立していると考える余地があり、公訴維持が難しいと判断した結果だとのこと。金をもらった側は起訴されているのにどうなっているんでしょうか。おかしな話ですね。